📞075-605-2430 

求人情報 セラピスト、スタッフ募集
整体リラクゼーションのスクール生募集
スクール生募集中
評判のストレス解消ボディバランス
当店が取材を受けました
自律神経調整のボディバランスは最高位

体にいいオメガ3や日本では規制が甘い「トランス脂肪酸」

 

不飽和脂肪酸=オメガ3、オメガ6、オメガ9

 

・オメガ3(熱を通さず、積極的に取りたい油)

 

○エゴマ油(シソ油)、亜麻仁油(フラックスオイル)、

  インカインチオイルなどの植物油に多く含まれる「α-リノレン酸」

 

○あじ、いわし、さばなどの青魚に多く含まれる「EPADHA

  現代人は不足がち。体に良い油なので意識的に取りましょう。

 

 

・オメガ6(現代人は取り過ぎの傾向があるのできるだけ避けたい)

 

○大豆油、紅花油、

  ごま油、サラダ油、米油、コーン油などの植物油やナッツ類に多く

  含まれる「リノール酸」

 アトピー、喘息、湿疹、感染症、花粉などに対する免疫系の過剰反応、

細い血管の破損など現代人は取り過ぎる傾向にあるので控えましょう。

 

 

・オメガ9(熱を通すなら取りたい)
 

○オリーブ油(一番搾り)、キャノーラ油(良質のもの)などの

 植物油に多く含まれる「オレイン酸」 

  比較的酸化しやすいので加熱料理に適量使いましょう。

 

 

・飽和脂肪酸

 

○牛・豚・鶏肉・乳製品(バター・チーズ・ヨーグルト・生クリーム・

  ホイップクリームなど)ラードなどの動物性脂肪

 

○インスタントラーメン・スナック類などの加工食品

  飽和脂肪酸の多い食事は糖尿病の罹患が増加すると言われています。

 

 血液中のコレステロールや中性脂肪などが増える事になり、高脂血症や

動脈硬化の原因になり、更には脳卒中、狭心症、心筋梗塞に進む危険も

あるとのことです。現代人は取りすぎる傾向にあるので控えましょう。

 

 

・トランス脂肪酸

 

外食産業や弁当、パン、菓子、などで使用される人工油。

(マーガリン、ショートニング)

 悪玉コレステロールを増やし、心筋梗塞、脳梗塞、冠動脈疾患のリスク

を上げると指摘されています。

 

 その他には、認知症、アレルギーなどが認められています。
 アメリカではガンによる死亡率の増加とトランス脂肪を含む植物油の

使用量の増加がほぼ一致し、不妊、胎児の死亡の報告もされています。


 また、感情をコントロールできない人が増え、それが原因で痛ましい

が増えているのも原因ではないかと指摘されています。

 

 百害あって一利なし。欧米では毒物扱いです。

 

 大切な体のためにできるだけ控えてくださいね。